今回は神棚をお祀りする場所の話。

神棚の場所として窓の上は良くないという話があります。

この他のクローゼットの上、食器棚の上、下駄場の上…などなど本当はちゃんとした場所に神棚を設置したいけど場所が確保できないからそうした場所にお祀りしたという人もいるかと思います。

そんなわけで今回は神棚はどんな物の上に置くべきか考えてみたいと思います。

窓の上

窓の上に神棚を祀ってはいけないという話がありますが、みんな「窓の上は駄目」という言葉だけに意識をとられて、なぜ窓の上は駄目なのかということは考えていないんじゃないでしょうか。

専門家でも無いしなかななか自分で納得いく答えを導き出すことは難しいかもしれませんが、「なぜ?」を考えることで見えてくるものがあります。

窓の周囲のポイントとしてはガラガラと開け閉めをするときの音や振動ではないでしょうか。こうした音や振動が落ち着いて神様が滞在するためには向いていないため「窓の上は駄目」という話が出たのだと私は考えています。

他の場所があればそちらのほうが良いが、もし無ければ

  • 神棚の下にある窓はそっと開け閉めをする
  • 神棚に挨拶をしてから窓の開け閉めをする
  • 窓の開け閉めの回数を少なくする

など、神棚への配慮をするということで対応していけば良いと思います。

クローゼットや食器棚の上は?

クローゼットや食器棚の上に関してもやはりポイントは開け閉めの振動なのかなと思います。

頻繁に開け閉めして、バタバタしたり、振動が響いていてはお家に来ていただいた神様もあんまり落ち着いていられませんよね。そんなわけで窓の上に神棚を祀ると時と同様に、

他の場所があるならそちらを優先するべきだけど、そこしか無いなら開け閉めを丁寧に

という意識が必要なのかなと思います。

また食器棚の上ですが、食器棚となるとキッチンのシンクが近いことも考えられますよね。水回りは湿気や臭いといったものが出やすいのであまりシンクに近いと考えものです。

どうしてもという場合は水回りを綺麗に保つことも意識しながらお祀りしていくのが良いと思います(もちろん皆さん綺麗にしていらっしゃると思いますが、近くに神棚があるということでより意識するということです)。

下駄箱の上は?

下駄箱の上というのはおすすめできません。

下駄箱の位置は玄関入ってすぐの場所ですよね。神棚をお祀りするのは家族みんなでお参りして家内安全をお祈りすることです。

人が出入りする玄関すぐの場所では神様が滞在するにも家族で落ち着いてお祈りするにもあまり良く無いのは想像できますよね。

玄関にお祀りするお札もありますが、それは玄関の外に貼って中に悪いものが入って来ないようにするお札で、神棚にお祀りするお札とは違います。

そんなわけで個人的には下駄箱の上はやめておいたほうが良いと思います。

全て完璧な場所は無理だけど神棚への配慮を忘れずに

いろんな場所について書いてみましたが、神棚をお祀りするのにすべての条件が揃った完璧な場所というのはなかなかありません。

無理やり条件を揃えてもそのために生活が不便になってしまっては、お家のために神棚をお祀りしたのに本末転倒ですよね。

完璧を求めずある程度のところで妥協することも必要だと思います。ただ、そんな中でもこれまで書いたような神様への配慮を持ってお参りすることが大切だと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング


宮司・神主・神社務めランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

 役に立ったらポチっとお願いします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA