受験と神社の話・裏話や合格祈願のお祓いお守りの効果

お正月は受験の時期が近いので学業のお守りを受けていく人もたくさんいます。 合格祈願、学業成就で有名な神社だと特にそうですね。太宰府天満宮とか北野天満宮とか。 東京だと湯島天神とかでしょうか。いずれも菅原道真公がご祭神です。 ってなわけで今回は受験と神社についていろいろ業界で聞いた話をご紹介したいと思います。 天満宮の宮司の子供として生まれるとめっちゃたいんへ? ※これはあくまでも一例ですし、聞いた話なので「こんな話もあるんだ~」ぐらいに捉えてください。

神社のハシゴや写真撮影は危険なのか・神主から憑き物がどうとか言われることはあるのか

写真撮る方へ送る怖い話京都神社の資料写真として何社か訪れ許可を得て写真を撮るその際にお賽銭箱で神様にも許可と無礼を詫びる↓何社も同じ様に撮影とお賽銭↓ある神社で門前にいたお坊さんに呼び止められる↓もしかして伏見稲荷いかはった?背中に 狐 憑いとるよ神社のハシゴは危険— ドングリ@コミティア/へ08a (@donguri_BC) April 4, 2019 先日Twitterを見ていたらこんなツイートを見かけました。 ドングリさんという方は京都の神社をハシゴして写真を撮っていたら、ある神社でお坊さんに呼び止められて背中に狐が憑いてると言われた・・・と。 神社やお寺で憑きもがという人は結構いるみたいですが、今回はこのツイートについてちょっと考えてみたいと思います。 神社で写真を撮ることについて

神社の参拝時間は早朝?昼?夕方?夜の時間は行っちゃ駄目?

自分の周りにはあんありそんな人はいませんが、ときどき神社の参拝時間について気にしている人がいるようです。 「やっぱり朝がいいのか?」「夜に行っちゃだめなのか?」といろいろ考えてしまうみたいですが・・・ 結論からいうと神社で定められた参拝時間がある場合以外はいつ参拝しても構いません。 先に結論を書いちゃいましたがこれじゃ記事が終わってしまうのでそれぞれの時間帯について考えてみたいと思います。 早朝 「早朝の時間帯は清清しくて気持ちよい!」「人が少なくて静かで落ち着いてお参りができる」といったことで早朝の参拝が良いとされることが多いようです(別に人が多くたってその人がきちんと心を込めてお参りしていれば何ら問題が無いのですが)。

神前結婚式の代わりに結婚奉告祭はどお?費用や流れなど

結婚奉告祭とは何なのかという札名から費用、服装、参列者、流れなど結婚報告祭に関することをまとめてみました。

現代の地鎮祭事情・氏神様に頼まないと駄目?

家を建てる前に行う地鎮祭。 工事の報告をし、工事の安全をお願いするのが主な目的の神事です。テレビなどで砂の山に鍬を入れている様子を1度ぐらい見たことがあるんじゃないでしょうか。 この地鎮祭なんですが、現代ではちょっぴり様相が変わってきています。 氏神様に依頼するのが筋だけど・・・ 地鎮祭を神社に依頼する場合、土地のことなのでやはりその地域の氏神神社にお願いするのが筋ではあると思うのですが、現代では様々な事情によって違う神社に依頼するケースが多くなっています。 ちょっとその理由について書いてみたいと思います。

神社にお参りする時に犬などのペットを連れて行ったらダメ?

先日、埼玉県の三峯神社が7月からペット連れの境内立ち入りを禁止するという記事を見かけました。 記事はこちら。 神様の使いとして狼も祀っていることから犬の参拝も黙認していたとのことですが、一部の人のマナーが悪かったためペットを連れての境内立ち入りが禁止になったようです。※盲導犬・聴導犬・介助犬等は今までどおり立ち入り可 御朱印のブームでもそうですが一部の人のせいでどんどんと制限が増えていくのはちょっぴり悲しいですね。 そもそも神社にペットを連れて入っていいの?

年末に神社にお参りしたりお札を受けるのはよくないの?

年末に神社にお参りするというと 「1年も終わるのに年末にお参りしても意味ないでしょ」 とか 「神社にお参りしてお札とかお守りを受けてもすぐに年が明けるからだめなんじゃ・・・」 という人がいるようです。 そんなこと気にしたことが無い自分からすると「そういう風に思う人もいるのかー」という感じ。 結論から言うと年末に神社にお参りしたりお札やお守りを受けても全く問題ない

「神社で柏手を打ってはいけない」説に物申す!

少し前のことですが 「神社で柏手を打ってはいけない」納得の理由 という記事が話題になりました。 https://president.jp/articles/-/30958 記事にアクセスしてもらうために少々過激なタイトルにしたというのもあると思いますが、「神社で柏手を打ってはいけない」と言い切るのはなんとも乱暴な論理だと思いますのでちょっとこのことについて書いてみたいと思います。 拍手をしてはいけないという根拠はあるのか この記事に書かれている拍手をしてはいけない根拠ですが、箇条書きにしてまとめてみると・・・

地鎮祭の日取り決定の方法・・・土用や三隣亡はだめなの?

家を建てる前に行う祭事である地鎮祭。この日取りにこだわる人ってけっこういるみたいです。 自分は地鎮祭の多い神社にいたのですが、土日の大安の日は地鎮祭が集中するので、やっぱり家を建てるというのは人生でも大きな転機だろうし、みんな大安の日を選ぶんだなあと思っていた次第です。 また、六曜以外にもたまに質問があって、土用の日はどうなのとか三隣亡はどうなのとか聞かれたことがあります(土用と三隣亡についてはこのあと書きたいと思います)。 そんなわけでどうやって地鎮祭の日取りを決めるべきなのか暦に記載されている様々な吉凶の占いを挙げて考えてみたいと思います。 六曜(ろくよう) これが一番なじみが深いでしょうか。大安とか仏滅とかいうやつです。

お札やお守りはなぜ1年で返さなければならないのか

神社のお札やお守りに関する決まりごとで1年経ったら神社に返してくださいというものがあります(地鎮祭のときに渡したお札はお家が建ったら返してくださいって説明してましたが)。 ではなぜ1年経ったらお札やお守りを返すのでしょうか。 今回はそこのところについて自分なりの考えを書いてみたいと思います。 自然崇拝と四季がポイント? 個人的には自然を崇拝するところから神様という存在が生まれたのと、日本に四季があるのがポイントだと思っています。 神様からいただく恵みと言えばお米。自然の神様のいろんな恵みを受けてお米ができる。日本には四季があるのでお米が収穫できるのは年に1回。

Recent Posts